初詣合格祈願基本情報技術者講座

システム開発の基礎1

目指せ!初詣合格祈願基本情報技術者

初詣合格祈願基本情報技術者講座 システム開発の基礎1

システム開発手順

<システム開発工程>
情報処理システムの設計→製造→稼動、をさせるまでの作業行程をシステム開発といいます。その手順は次の通りです。

  1. 基本計画
    開発対象となるシステムの実現可能性の検討をします
  2. 外部設計
    ユーザの立場から見たシステムの設計のことです。ユーザの要求しようを元に、コンピュータで実現するための方法を設計します。
  3. 内部設計
    システム開発側の立場やコンピュータの仕様から見たシステム設計のことです。システムを実現するための手順を具体的に設計します。
  4. プログラム設計
    内部設計に基づいて各プログラムの内部構造を設計します。外部設計と内部設計をプログラムを用いて実現する方法を設計します。
  5. プログラミング
    プログラム設計の結果に基づいて実際にコーディングを行いモジュール単体テストを行います。
  6. テスト
    プログラムの動作が仕様を満足しているかどうかを確かめる行程です。
  7. 運用保守
    プログラムを運営していく上での管理・保守を行います。

<ソフトウェアライフサイクル>
ソフトウェアライフサイクルとは、ソフトウェアが誕生してから、破棄されるまでの過程のことです。すなわち、発生→運用→保守→運用→廃棄までの一連の過程のことです。

<開発技法>
ソフトウェアの開発技法は次のものがあります。

外部設計

<要求仕様の確認>
ユーザのシステム開発への要求事項を確認し、これを分析する方法には次のものがあります。

<サブシステム>
システム化の対象となっている業務の範囲が大きい場合時間的データ的に関連性の高いものをいくつかのサブシステムとして定義します。

<画面設計>
オンラインリアルタイム処理の外部設計の中心は、画面設計です。
≪画面設計の手順≫

  1. 画面全体像の作成
  2. 画面設計の標準化
  3. 画面フローの設計
  4. 画面の表現方法の検討
  5. 画面レイアウト設計

<コード設計>
コンピュータで効率よく処理を行うためには、情報の符号化(コード化)を行うことが重要となります。
(例)商品コード、部品コード
ただし、コードを使用して入力する場合は入力データが正しいかチェック機能も必要になります。そこで、データエラーの発見率が高く、使用法も容易なものにモジュラスイレブン、モジュラステンという方法があります。それは以下の方法です。

モジュラスイレブン、モジュラステン
モジュラステンモジュラスイレブン
手順1 重みづけ
(例)
基本コード 12345
重み    65432
手順2 各桁のコードと重みを掛け合わせて加える。
(例)
6+10+12+12+10=50
手順3 モジュラステンでは10(テン)で
割った余りをチェックディジットとする
(例)
50/10=5余り0
モジュラスイレブンでは11(イレブン)で
割った余りをチェックディジットとする
(例)
50/11=4余り6
手順4 チェックディジットを基本コードに追加する
(例)
123450
チェックディジットを基本コードに追加する
(例)
123456

<データチェック方法>

<論理データ設計>
サブシステムで定義されたインタフェース情報と入出力データから、システム内に蓄積すべきデータ構造とデータ項目を決定します。

内部設計

内部設計は機能分割・構造化、物理データ設計、入出力詳細設計の三つからなります

<機能分割・構造化>

  1. プログラムの機能を詳細に洗い出し、モジュール分割の準備をおこなう。
  2. サブシステムの構造図を作成。
  3. 的確な処理方式(集中か分散、バッチかオンラインか)の検討と選択。
  4. プログラム単位にダイアグラムを作成。

<物理データ設計>

  1. 使用ファイルの特性を理解し、ファイル編成方法を決定
  2. レコードレイアウト(レコードの項目及び配置)を決定

<入出力詳細設計>

  1. 原票(入力データを記入する用紙)レイアウトを設計
  2. 帳票(出力用紙)の形式を設計
  3. 入力画面、出力画面の画面設計を行う
  4. 入力データエラーの種類を想定し、修正及び救済方法を考慮し、またエラーメッセージも設計する



初詣合格祈願基本情報技術者講座ページTOPに戻る