初詣合格祈願基本情報技術者講座

アルゴリズムとデータ構造

目指せ!初詣合格祈願基本情報技術者

初詣合格祈願基本情報技術者講座 アルゴリズムとデータ構造

アルゴリズム入門

<アルゴリズムとは?>
アルゴリズムとはプログラムの処理手順を表したものです。
例えば朝の支度を考えて見てください。まず、起きます。それから着替えて、ご飯を食べて、歯磨きをして、学校の用意をして学校へ行くという流れになります。(もちろん人によって順番等異なりますが)
この動作(処理)の流れを論理的に記述したものをアルゴリズムといいます。
アルゴリズムを表現する方法の一つには流れ図(フローチャート)があります。基本形は直線型、分岐型、繰り返し型の三つで構成されます。

以上がアルゴリズムの基本的な形です。

基本データ構造

データ構造には次のようなものがあります。

基本アルゴリズム

<データの整列>
データの整列のことをソートといいます。その中でも記憶装置内で並び替えを行うことを内部ソート、複数のファイル内での並び替えを外部ソートといいます。外部ソートは出てきませんので、内部ソートのみ紹介します。

データの探索

探索とは配列などのデータ構造の中から与えられた値を持つ要素を探し出すことです。方法としては逐次探索法と二等分探索法の二つがあります。



初詣合格祈願基本情報技術者講座ページTOPに戻る