初詣合格祈願基本情報技術者講座

通信ネットワーク2

目指せ!初詣合格祈願基本情報技術者

初詣合格祈願基本情報技術者講座 通信ネットワーク2

ネットワークアーキテクチャ

<ネットワークアーキテクチャとは?>
ネットワークアーキテクチャとはネットワークの構成要素の機能や、プロトコルの体系化のことです。コンピュータで使うアーキテクチャという用語の意味は”コンピュータ全体の設計思想”という意味です。

<OSI基本参照モデル>
OSIとはOpen System Interface(開放型システム間相互接続)の略で、ネットワークアーキテクチャをISO(国際標準機構)が標準化したものがこれです。OSIはネットワークアーキテクチャの国際標準となっています。
OSI基本参照モデルでは、ネットワーク機能が、第一階層(レイヤ)〜第七階層にわけられ各階層ごとにプロトコル(通信規約)が定められています。 下位層から上位層ににつれて高度データ通信機能を提供することになっています。

OSI基本参照モデル
名称主な役割
応用層業務処理データ通信
プレゼンテーション層情報表現形式の互換
セション層対話モード管理
トランスポート層データ輸送品質保証
ネットワーク層通信網のモデル化
データリンク層伝送制御手順
物理層ビット列の転送

ローカルエリアネットワーク

<LAN>
LANは、企業内ネットワーク又は構内網と呼ばれ、そのネットワークの範囲は同一構内(学校内や企業内)というのでやりましたね。そのLANを通信回線を利用して他構内のLANと接続したものをWANといいます。このWANについても始めの方でやりました。 LANには電話だけでなくコンピュータ、ファクシミリ、OA機器も接続できます。そして、その、コンピュータやファクシミリにはノードと言われるLAN制御装置を介してLANケーブルで 接続されます。

<LANの伝送媒体>
LANで利用される伝送媒体は、次の三種類に分類されます。 

<LANの構成>
LANの構成は次の二つの形からなります。

<LANの構成要素>
LANを構成するには

などが必要になります。

<LANの形態とそのアクセス方式>
LANの形態にはスター形、リング形、バス形の三種類のものがあります。一つずつその形態とアクセス方式について説明していきます。 

<LAN間接続装置>



初詣合格祈願基本情報技術者講座ページTOPに戻る